男性と女性

突然消えてしまった時の対処法|データ復旧業者に任せれば安心

ネット

最新のビジネス手段

オンラインストレージは法人業務向けのものも用意され、個人向けと比べ容量、速度、セキュリティなどの強化が特徴です。法人業務でのオンラインストレージ活用はデータの共有がスムーズ、チーム業務の効率化などで人気が高まっており、在宅勤務の可能性も広げます。

ネットワーク

活用してもっと便利に

オンラインストレージとは、インターネット上でファイルなどのデータを共有できるサービスです。インターネットに繋がってさえいれば使用する端末を選ばずデータの共有を行うことができます。無料でサービス提供されているものも多いですが、セキュリティなどを見極めて利用しましょう。

社内

利用のメリット

データセンターの役割はインターネットの重要性が増した現代においてはとても重要なものになっています。大事なデータを守るためであったり、管理の手間を省くなど色々なメリットがあり、利用目的に応じた使い方できます。

企業にとっての情報管理

パソコンを操作する男性

クラウドによるデータ保存

企業にとって情報管理は最優先課題の1つです。今ではパソコンやインターネットで情報やデータが流出する危険が増大しています。そのためほとんどの企業でセキュリティシステムを導入しています。またハッカーなどの被害以外にも、データを保存するハードディスクの破損によってデータ復旧が必要になるケースが増えています。ハードディスクが破損した場合、専門の業者にデータ復旧を依頼することになります。しかし破損状況によってはデータ復旧が不可能な場合があります。このような危険を防ぐために、最近ではクラウドを利用したデータ保存が進んでいます。ハードディスクのような機械に保存しないので、破損のリスクはなくなります。インターネットが利用できればいつでもデータ復旧ができるので、多くの企業で導入しています。

二重三重の保護システム

クラウドはネット環境があれば、いつでもどこからでもデータ復旧できるメリットがあります。ただしネット空間に保存するので、万一の場合はデータ全体を消失する危険もあります。そのためには二重三重のデータ保存システムを構築しておく必要があります。社員が通常の業務でデータを保存する場合にはコストの安いハードディスクを利用します。それだけに留まらず、サーバーやクラウドにも同時保存できるようにシステム化すれば安全です。クラウドまでシステム化するにはそれなりのコストがかかりますが、データを失った時の損害の大きさを考えたら早急に導入すべきです。またシステム化することにより、データの共有化ができるので企業にとっても運用の効率化が図れます。

このエントリーをはてなブックマークに追加